スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童●社にて

約1年前、突然「絵本を書きたい」と思い立った私。
元々絵本が大好きだったけど、子供たちが産まれて読み聞かせをするようになってから、さらに好きになり、猛烈に自分でも書いてみたくなりました。
そして本屋で手に取った公募ガイドに、ちょうど翌日締切で「童●社 絵本テキスト募集」の応募がのってたので、いつも寝る前に子供たちに創作話を聞かせていた話の中から一つを選んで文章にして応募しました。

そしたら運良く最終選考まで残ったという知らせが届きました。
650作品中13作品(?)に選ばれたことは、私にとって、大きな励みとなりました。
最終選考の結果、残念ながら賞はいただくことは出来ませんでしたが、出版記念パーティーに呼んでいただき、昨日行ってきました。

引っ越し前なので、行こうか行くまいか迷ったのですが、せっかくの機会ですし、勉強にもなると思い、行ってきました。

会場につくと、周りは知らない人だらけ。
最終選考に残った方も何人か会場にいらっしゃいましたが、学校で絵本の書き方をお勉強されていらっしゃるかたが多く、他の皆様はすでに顔見知りみたいで、私は居場所がなくてウロウロ
でも、せっかく来たのだから!と、
大胆にも編集部のかたや作家の先生と名刺交換をさせていただきました。
私には肩書きとかがないので
「あの…ただの主婦ですが…」と名刺交換(笑)意気込みはしっかりと伝えることができました。
その甲斐があって、「直接原稿を送ってくださっていいですよ」と、編集部のかたから言っていただきました。童●社は、基本的に持ち込みNGなので、編集部のかたに原稿を見ていただけるチャンスをいただけたことは、本当にありがたいです!

今回、結果通知の葉書に、なんと私の大好きな内田麟太郎先生から、「またお会いしましょう」という直筆のメッセージとサインとイラストが添えられていて、それにとても感動したので、この気持ちは是非先生に伝えたい!と思い切って先生にもご挨拶させていただきました。
おそらく誰もが一度は読んだことがあるだろう内田麟太郎先生の作品。どれも素晴らしく、「こんな素晴らしい作品をお書きになる人はどんなかたなんだろう?」と思っていたけれど、飄々とした雰囲気のなかに独特のオーラを放っていて、お会いしてますますファンになりました。
長野ヒデ子先生、那須正幹先生もいらっしゃっていて、絵本ファンとしては同じ場所に居るというだけでドキドキしました。

行ってよかった!
トルコでも絵本を書くことは出来るので頑張ります!
いつか私が原作、香凛が絵を描いた絵本を出したいという新たな夢も出来ました。
夢は叶えなきゃ意味がないから努力しなければ!

5歳の誕生日パーティー

今日は、マンションのお友達のせいいちろう君と、香凛の合同誕生日パーティーでした

毎日荷造りでバタバタだけど、誕生日のケーキくらいはやっぱり手作りしてあげたいので、頑張りました!
いつも通りフルーツたっぷりの三段重ね。クリームは生クリームとカスタードの2層クリーム。

こんなの↓
何回ケーキを作っても上達しない私愛情で不格好をカバーしてます
5歳誕生日6


入園したときからいつも一緒のこのメンバー
幼稚園生活がこんなにも楽しいのも、みんなのおかげなの。そして、私もママ友にいっぱいいっぱい支えてもらいました。
トルコに行って、皆とお別れすることが、本当に寂しいです

5歳の誕生日を、こんなふうに皆に祝ってもらって幸せです!
本当にありがとう!
皆からもらったプレゼントもすごく喜んでました

トルコから帰ってきたとき…
子供たちはどのくらい大きくなっているんだろう。
女の子はより女の子らしく、男の子はより男の子らしくなっているんだろうな。
マンション内で顔を合わしても、もしかして照れて挨拶も出来ないくらいになっているのかも。
でも、この、無邪気でキラキラした幼稚園時代のことも
決して忘れないでいて欲しいな。
一緒に遊んで泣いて騒いだ大切なお友達が居たことを、いつまでも覚えていてほしいな。

素敵な誕生日を、本当にありがとう!

5歳誕生日2
5歳誕生日様子
5歳誕生日5
5歳誕生日8

ろうそくの炎をフゥ~
5歳誕生日10
5歳誕生日11
5歳誕生日12
5歳誕生日13
5歳誕生日9

一番の仲良しのアカネちゃんと、たまごっちの「通信?」をやってます↓
5歳誕生日4
5歳誕生日14

5歳誕生日15

あじさい弁当

アジサイ弁当2011


今朝は雨が降っていて、ちょっと肌寒かったですね。

もう梅雨入りしたのでしょうか?
近所の学校のわきに植わっているあじさいの花が色づき始めました。
あじさい、大好きです

先日スーパーのくじびき(?)で、スティッチのキャラクター蒲鉾が当たりました。
その蒲鉾自体は、あまり可愛くなかったのですが…。
色合いがあじさいっぽかったので、その蒲鉾を使ってあじさい弁当を作りました。
梅干しの丸いおにぎりに、花型にくり抜いた蒲鉾をくっつけただけ
花型は落ちないように、パリパリに焼いた(揚げた?)細いパスタで留めています。

あじさいっぽい素敵な色合いのおにぎりが完成

名前をなくした女神

引っ越しの荷造りしながら見てます

いや~…ドロドロしたドラマですね面白いけど。

旦那様は
「ママ友のこういう心理がよくわからん」
って言うけど、私はなんとなくわかる気がするな~。

人って、多かれ少なかれ自分と他人を比べることで自分の存在を測っているというか、自分の「立ち位置」を決めていると思うのです。
で、そういうとき、男性は、例えば自分自身の仕事のキャリアだったり、年収だったり、自分自身で「勝負」出来るんです。ある意味、わかりやすく他人との比較を測れる。
でも、結婚して家庭に入った女は、他人と自分を比べるときに「勝負」出来る持ち物がないんですよね。家事なんて誰かに評価されるものじゃないから、優劣とかつけられないし、専業主婦は仕事だってしていないから、社会的立ち位置もはっきりしないし、何を用いて他人と比べていいのかわからない。それって、漠然と不安なんですよね。自分の存在を測れないんです。仕事を辞めたときに、私もそれが漠然とした不安としていつも心にありました。
で、自分自身で「勝負」出来ないと、例えば旦那の仕事のキャリアであったり、ブランドの持ち物であったり、子供の出来の良さであったり、そういった自分以外のもので「勝負」しようとしてしまうんです。
そして、それをしているうちに、旦那や子供の「功績」を自分自身の「功績」と勘違いしてしまって、自分の価値を高めるために旦那や子供を利用してしまうんですよね。

専業主婦でも
自分自身で勝負出来る何かを、常に持っていたいなって思いました。

豆シバいっぱい弁当

豆シバいっぱい弁当


空豆で豆シバをいっぱい作ってみました。
卵焼きも豆シバ

…なんか怖い

パパ壮行会&香凛誕生日パーティー

今日、一足先にパパがイスタンブールへお引越ししました

前日の夜に、パパの壮行会&香凛のちょっと早めの誕生日パーティーを兼ねて、焼肉屋へ
このご時世だからか、いつもは並んでいる焼肉屋に並ばずに入れました。
そして、このご時世にもかかわらず、ユッケを注文する私
だって、「焼き肉」と言ったら、私は「ユッケ」なんだもの!
ユッケが食べたくて焼肉に行くようなもんだから。
でも、さすがに完全に生肉では提供していいなくて、「炙りユッケ(軽く炙ってあるユッケ)」しかなかったけど。
「今の時期にユッケを注文するママの気がしれない」
って言っていたくせに、半分以上を旦那様に食べられた
でもまあ、予想外に引っ越しの荷造りをやって行ってくれたらか、許そう。
誕生日焼肉3



そしてそして、昨日は香凛の誕生日も家族で祝いました
パパから、欲しがっていた「たまごっち」をもらって、ご機嫌の香凛。
よかったね!
誕生日焼肉
誕生日焼肉2


肉をお腹いっぱい食べて、
帰りは4人で手を繋ぎながら家までお散歩。
誕生日焼肉4
誕生日焼肉5


次にこうやって家族で手を繋いであるく時、そこはきっと日本じゃなくてイスタンブールだ。
そう思うと、なんだか不思議な気がしました。

まだ実感がわかないけど、
とりあえずやることだけはいっぱいある
私も今の今まで荷造りしてました。
海外へのお引越しは、船便と航空便と倉庫行きの3つの行き先があるから、なんだかわけがわからない
でもなんとか、3つの洋服箪笥は空っぽにしたので、明日リサイクル業者に持って行ってもらいます。

お気に入りの言葉

香慧の最近のお気に入りの言葉は
「ごめんなたい(ごめんなさい)」
何故その言葉を気に入っているのかわからないけど、子供って、気に入った言葉をやたら使いたがりますよね。
香慧も、別に悪いことしていないのに「ごめんなたい」って、私に対してペコリとおじぎ
「悪いことしていないときは謝らなくていいんだよ」
って私が言うと、また
「ごめんなたい」

エレベーターの中で、ずっと
「ごめんなたい ごめんなたい ごめんなたい」
を連発虐待されている子供だと思われるから、やーめーてー

ちなみに、香凛の最近のお気に入りの言葉は
「ほんまや!」
です(笑)
GWに従兄弟たちが話していたのを聞いて、気に入ったみたいです

クローバーとテントウムシ弁当

幸せを求めたテントウムシ


四葉のクローバーに飛んでいくテントウムシ。
クローバーは、魚肉ソーセージで。テントウムシはカリカリ小梅と海苔とチーズで作ってます。
簡単に作れるけど、なんとなく可愛いでしょ

でも、このお弁当を作った日、香凛は体調不良で幼稚園を欠席。
お弁当は家で食べました

遠足弁当~卵サンドからくまさんがこんにちは~

べんとう遠足弁当2011
遠足弁当2011の1

今日は、幼稚園の遠足でした
年少のときは親も同行だったけど、今回は子供たちと先生だけの遠足。

遠足を楽しみにしていた香凛。
もうすぐトルコに行く香凛。
これが幼稚園で最後の行事になるかもしれない
お友達と楽しい思い出をいっぱい作ってほしい。

「遠足のお弁当はおにぎり?それともサンドイッチ?」
と聞いたら
「サンドイッチー!卵サンドね」とリクエストが。

蓋をあけたとたん笑顔になるように
お友達と楽しく食べれるように
張り切って作りました

遠足楽しかった!
「しっぽとりゲームとかしたよ!」って
満面の笑みで帰ってきた香凛。
よかったね~

急展開

先日、出張先から旦那からTEL。
「おれ、今度の日曜日に一足先にトルコに引っ越すね~」

ええ~!?ついこの間「引っ越しはたぶん6月になる」って言ってたじゃん
まだ何も準備してないのに!?
結局、引っ越し作業はほぼ私に丸投げで行ってしまうらしい

で、その次の日旦那と話し合い、私たちは6月末頃に引っ越すことに。
当初は夏休みが始まるのを待ってから行く予定だったから「ああ…早まってしまったなぁ…」って思ってたのに……

昨夜
「やっぱり俺、6月末頃は出張で日本に戻れない可能性が高いから、6月9日に引っ越すね」

えええええええええええ~!?

まったく、うちの旦那様ってば
「ちょっと近所のコンビニに行こうよ」って言うのと同じテンションで
「ちょっとトルコに引っ越そうよ」とか言う人だから
まあ、付き合っていた頃からそんな感じだったし、そういうところが面白くて好きなんだけど、結婚してみたら大変だ(笑)
どこへだって着いていくけどさっ!

と、いうわけで、日本に居る時間はあと2週間らしいです。
実感無し。
準備どうしよう…
「引っ越しなんて楽勝じゃん!」
と旦那様。

…うん…そうだよね。
結婚してから4回の引っ越しは、ほとんど私がやったからね
旦那様は、自分の服とかを段ボールにしまったくらいだもんね。そりゃあ「楽勝」だわ!

そんな愛すべきキャラの旦那様。
今、リビングで大の字になって豪快にいびきかいて寝てますわ
せめて自分の分だけでも準備してから行ってね~
カウンター
プロフィール

ひろか

NAME : ひろか

フードコーディネーター。
樹木医師。
NHK「いっと6けん」「暮らしのセンスアップ」出演。
情報誌「ママポン」レシピ連載 他。

妊娠を機に勤めていたレコード会社を退職。
現在二児の母。
my family

旦那様

5歳年上の優しい旦那様。育児にも協力的で、とても感謝しています。
結婚してから今日まで大きな喧嘩もせずに、いつまでも新婚気分でいられるのは、
旦那様が一家の大黒柱として、しっかり家族を愛して支えてくれているから。
ありがとう!

香凛(かりん)

2006年5月生まれ。合指症・短指症・内反足・股関節脱臼と、色々持って生まれてきたけど、 それも含めてこの子の個性であって、魅力。広くて丸いおでこがチャームポイントな可愛い娘です。

香慧(かえ)

2008年12月生まれ。体重も身長も平均より大きめ(!?)の元気な赤ちゃんです。

ブログ内検索
ランキングにご協力ください♪
レシピブログ FC2ブログランキング
リンク
サイトメニュー
カレンダー
10 12
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。