スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪と自分

今日から旦那様はまた出張。朝から大雪だったけど飛行機は無事に飛んだみたいです。
私も実家に帰る予定だったけど、かりんの風邪がまだ治ったばかりだし、雪なので、今日は2人で家に籠ることにしました。退屈~。さっきからかりんと一緒にパズルやお絵描きをしてたけど、さすがに飽きて、かりんは今昼寝してます。
私はすること無くて暇。あまりに暇なので、雪と自分の関係性(?)について考えてみました。
今朝、外を見たら雪景色で、私は旦那様に「嫌だね~。今日雪だよ。寒いね」って言いました。そして言った後、「あら?」って思いました。だって、私は昔から雪が大好きだったはず。雪が嫌なんて、そんな言葉を私が言うなんて!!私はいつから雪の日をあまり好きではなくなったんだろうと、考えてみました。以下、私と雪との思い出です。

●幼稚園~小学生時期
雪大好き!雪の日は朝から夕方まで外で雪遊びをする
●中学~高校生時期
まだまだ雪が好き。大雪の日は鎌倉の海まで山を越えて散歩に行き、誰もいない真っ白な海岸を歩くのが好きだった。雪の日の海はなんとなく「世界の果て」って感じで、ちょっと孤独を感じるところが良い。
●大学時代
父の雪景色の取材旅行に家族皆でついて行って、調子にのった私は雪山にダイブし、体がはまって抜けなくなる
●社会人時代
雪の日にわざと外出アポを沢山入れて、一日中外を歩いてて、同僚に「子供みたいだね」と笑われる

なんと!つい最近まで私は雪の日が大好きだったことが判明!
だとすると、結婚してから雪が苦手になったのだろうか?と考えて、思い出した!
妊娠中に雪が降った日、その日はちょうど戌の日で水天宮に安産祈願に行く予定だったのに雪で行けず、夕飯の買い物に行く時も「転んだら怖い。嫌だな」って思って、その時から雪が降ると「寒い、怖い」というマイナスイメージが浮かぶようになってしまったらしい。
考えてみたら、私の周りの大人は皆雪の日があまり好きでは無い。と、いうことは私は大人になったのか?っていうか、私は本当に雪が嫌いになったのだろうか?う~ん・・・。そう言われると別に嫌いじゃない。家で見ているぶんには綺麗で好き。結局最終的結論は、私は雪が嫌いになったのではなくて、寒いのが嫌いになったのだ。つまり、それだけ歳をとったということなんだろう・・・。
ここまで考えて、やっと納得。

でも、かりんが外で遊べるようになったら、一緒に雪だるまとか雪合戦をしてあげるママになりたいな。

スポンサーサイト

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ひろか

NAME : ひろか

フードコーディネーター。
樹木医師。
NHK「いっと6けん」「暮らしのセンスアップ」出演。
情報誌「ママポン」レシピ連載 他。

妊娠を機に勤めていたレコード会社を退職。
現在二児の母。
my family

旦那様

5歳年上の優しい旦那様。育児にも協力的で、とても感謝しています。
結婚してから今日まで大きな喧嘩もせずに、いつまでも新婚気分でいられるのは、
旦那様が一家の大黒柱として、しっかり家族を愛して支えてくれているから。
ありがとう!

香凛(かりん)

2006年5月生まれ。合指症・短指症・内反足・股関節脱臼と、色々持って生まれてきたけど、 それも含めてこの子の個性であって、魅力。広くて丸いおでこがチャームポイントな可愛い娘です。

香慧(かえ)

2008年12月生まれ。体重も身長も平均より大きめ(!?)の元気な赤ちゃんです。

ブログ内検索
ランキングにご協力ください♪
レシピブログ FC2ブログランキング
リンク
サイトメニュー
カレンダー
07 09
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。